八王子市、日野市、多摩市、府中市の便利屋(掃除のお手伝い、雑用、草刈り、木の剪定、お墓参り、家具移動・組立、不用品の買取り、遺品整理)高齢者の介護保険外サービス

レポート

  • HOME »
  • レポート

このレポートは高齢の親御さんが多摩地域にお住まいで、別居しているあなたへ読んで頂きたい手紙です。

お願いです。
3分ぐらいの時間をかけて真剣に読んで下さい。

初めまして、多摩地域で介護保険外サービスができる便利屋をやっております、
お助けサービスの宮島と申します。

DSC_0009-hansin

突然ですが、あなたの親御様はおいくつでしょうか?
そして年に何回会う機会がありますか?

日本人の平均寿命は男性が79歳、女性が86歳です。これを照らし合わせ、「うちの親はまだまだ大丈夫」だとあなたは思っているかも知れません。

しかし、現実には別居している親御様と1年に何回位会いますか?

昨年はどうだったか、試しに数えてみて下さい。

お正月、GW、夏休みなど年にせいぜい数回ではないでしょうか?
仮に年に3回里帰りしているとして、これから10年で計算すると30回です。
そのなかであなたは親に何をしてあげられますか?

「親孝行したいときには親はなし」といいますが、あなたも年を重ねることにより、親の気持ちが分かってくると思います。

けれど、実際に親と面と向かうと照れくさいし、感謝の言葉を口にするのが苦手の場合もあると思います。そして親に何をしたらいいのか見当がつかなくて、せいぜい美味しいお土産を買って帰るぐらいがおちではないのでしょうか?

でも親にも2パターンあり、あなたが帰ってきたときに、あれもこれも頼もう。やってもらうことを考えている場合と、もう1つはなるべく子供の世話ならない、負担をかけたくないと考えるパターンがあります。

どんな親でも老いは確実にやってきます

70歳を超える頃になるとまず足腰から弱ってきます。また持病をおもちかもしれません。普通ならできることも、この年代からは億劫になります。

例えば、家の掃除、電球の交換や庭の手入れなど、私たちなら何でもないことが高齢の方には想像以上にキツイのです。こんなとき誰かにやってもらいたい、息子(娘)であるあなたがいれば頼むかもしれません。

しかし現実はあなたと親は別居しておりすぐに解決できないかもしれません。
あなたは「俺(私)が今度やるよ」といいますが、それは1週間後ですか?1ヵ月後ですか?3カ月後ですか?

ここで言いたいのは、これはシグナルです。
具体的に信号機で例えるならば黄色信号の意味です。
そろそろ誰かの手助けが必要な注意の時期ではないでしょうか?

もちろん老化は個人差が大きいもの

ですが、多くは1つできないことが出てくると、緩やかに老化がエスカレートしていきます。

食事も電子レンジで簡単なものや、ついつい外出も億劫になり、一日中テレビだけ見て過ごすような生活。そして会話は老夫婦のみ。まして一人暮らしともなると1日誰とも話さないということにもなりかねません。

その結果、数年後には認知症や寝たきりの状態で介護が必要になるかもしれないという赤信号に変わる可能性もあります。

誤解して頂きたくないのですが、決して大げさな事を言ってあなたを脅しているわけではありません。

今は青信号のシグナルでも遅かれ早かれ人間だれでも老いという赤信号の時期は避けて通れません。介護の状態になってから親孝行では既に遅いのです。

小さい子供が成長する過程では多くの手がかかり親の助け必要としますが、高齢の親もまた老いからくる身体の不自由から生活に支障をきたし、また誰かの助けが必要なのです。

そして今がその時期ではないでしょうか?

ここで私の自己紹介をさせて頂きますが、私自身、多摩地域の小中高学校を卒業し、約1年間他県に住んだこともありましたが、多摩地域に約40年暮らしている地元の人間です。

現在、ハートフルな便利屋ということで、介護保険外の仕事も受けております。多摩ニュータウン地域での高齢化問題などで微力ながら地域に役立てればと思いこの仕事にやりがいを感じております。

この仕事のきっかけですが、6年前に他界しました祖父の影響があります。私はどちらかというお爺ちゃんお婆ちゃん子でした。

例えば、私に非があり親類から非難されても祖父・祖母は常に私の味方でした。祖父は愚痴や泣きごとを一切言わない昔堅気の人でした。そんな祖父でも、病床ではとてもタバコを欲しがりました。

病院で入院中ということもあり、祖父が望んでも応えてやれませんでした。

その時、これまで本当にかわいがってもらい世話になったのに、何もしてあげられなかったことを心から悔やみました。幸いまだ親は健在ですが、人のために役立つ仕事がしたい。そしてお客様から「ありがとう」と言われる仕事がしたいという理由からこの仕事を選びました。

祖父に出来なかったことをお客様にすることで恩返しと地域社会への貢献につながればとも思っています。

具体的なお手伝い内容は

見守りを含めた介護外サービスと便利屋の仕事で高齢の方々のお困りごとを解決することです。

例えば、別居しているあなたに代わって、定期的に見守りに伺い、あなたの親御さんと日常生活や世間話をしてその様子をご報告したり、お困りごとがあれば介護保険外(生活援助)、便利屋の仕事として掃除や病院への付き添い、庭の草刈り、買い物代行や大工作業的な仕事など公序良俗に反しない限り、ご要望の事で、できることはなんでもやります。

話を戻しますが、これまであなたを一人前に育ててくれた親御さんに対して、今度はあなたが助ける番ではないでしょうか?

私の仕事はあなたのサポートでしかありません。例えば、「廊下の電球が切れていて怖かったのよ!私では届かなかったのよ。助かったわ!!」などできないことでお悩み解決した親御さんが喜ぶ顔を思い浮かべてみて下さい。

親御さんの健やかな生活を送るお手伝いをいたします。ご興味がありましたら今すぐお電話を下さい。
また「こんなことできるかな?」というご相談も受付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。

Q&A

介護保険は利用できますか?
介護保険は利用できません。お客様と私どもの直接契約となります。他の介護保険施設で介護保険を利用し併用は可能です。
見守りをお願いしたいのですが・・・
初めに面談をさせて頂きまして、その後、定期的に親御様のご自宅に訪問します。ご様子をメール(PC又は携帯)にてご報告します。緊急の場合は電話でのご連絡の場合もあります。
見守りついでに頼みたいこともあるのですが・・・
見守り最中に、ご要望があれば、介護外サービス又は便利屋の仕事もうけたまわることも可能です。簡単な内容であれば見守りの仕事内容としてやります。

お問い合わせはお気軽にこちらまで TEL 042-670-9683 営業時間 9:00~20:00
古物商許可証 東京都公安委員会 第 308761104642 号

PAGETOP
Copyright © 便利屋 お助けサービス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.